« May 2005 | Main | July 2005 »

半島を出よ / 村上龍

半島を出よ (上)   半島を出よ (下)
半島を出よ (上) 半島を出よ (下)


いやぁしかしすげぇ作品だった。
すげぇ(;゚Д゚)

ひさびさに読むのが苦しかった

苦しかったっていってもなんだろ、
筋トレしてるときみたいな気持ち苦しい感じ。

なかなか現実離れしてることばっかで
うまく脳みそが受け入れてくれない。

でも、その現実離れしてる中での現実的なこと、
いや現実離れしているからこそ知ることができる現実的なことを感じることができて
それが気持ちよくてたまらん。

たくさん人物が登場するがもう誰が誰だかわからねぇ。

下巻のコリョとホテルで戦うところなんか心臓ばくばくで興奮しまくりだった。
人の死体なんて葬式だけしか見たことないのになんであんなに興奮するんだろ。

いわゆる社会ってやつに溶け込めないやつらの
非人間的なあの人間臭さがたまらん。

この作品を仕上げるのにどんだけ調査が必要なんだ・・・

ん~他にもいろいろあるが、
なんか、気持ちよかった
ありがとう。

読むべし。


あ、俺なにげに村上龍の作品読むの初めてだな。
なんか他も読んでみよ。

| | Comments (20) | TrackBack (2)

ミリオンダラー・ベイビー / Million Dollar Baby

勝手に映画強化月間その12

ネタバレあり

ミリオンダラー・ベイビー
Million Dollar Baby


結局涙ぼろぼろ・・・
やっぱ泣いちゃうよな・・・

でも全体的にはイマイチ。
ストーリーはめちゃくちゃいいんだが、
その描き方がいまいちだったような。

ボクシングシーンとか全然迫力ないし。
勝ち進んでいく時の感じとか。
ん~なんだろこのもったいない感じ。

もっともっと出演者の心情が描けてたらなぁ・・・

でも泣きの一本です。

■オフィシャルサイト■
http://www.md-baby.jp/

| | Comments (94) | TrackBack (2)

淋病日記Ⅱラスト

朝起きたときすぐにわかった。

あの時と同じだ。

そう、あそこの違和感があの時と同じである。
さすがに2回目だからか確信があった。

間違いない。

速攻でその日に病院行き、注射してもらった。
だからほとんどまったくと言っていいほど
痛みを感じることなく完治。

やっぱり早期発見早期治療に限るなと痛感。
すこしでも違和感あるなら病院へいくべし。



こうして見事 「2度淋病」 になった俺・・・
本番はやってないのでおそらくフェラであろう。


しかし、なんという確率・・・_| ̄|○


これは神からの試練としか思えん。

もうやめとけと。

神様ありがとう。
心を完全に入れ替えます。




今、町ではこの瞬間にも淋病やその他の性病に
冒されている人がいるのであろう。

それは人間が子孫を残すという運命を背負って生きている以上
しょうがないことなのか。

俺はその人間である以上また過ちを繰り返してしまうのだろうか。


それは神のみぞ知る。

淋病日記Ⅲがないことを祈って・・・


<<淋病日記Ⅱ3
最初から見る

| | Comments (40) | TrackBack (0)

淋病日記Ⅱ3

歌舞伎町に到着。

いつも通り案内所をぷらぷらしていると、
いつも通りあやしげなおっちゃんが。
いつも通り適当に話聞いて、
いつも通り適当に着いていく。

しかし歌舞伎町ってすげぇな・・・
世界が違う・・・


風俗なんてマジ久々なのでワクワクしてた俺だが、
いくら酔っぱらっていても淋病があたまをよぎる。


今度は絶対気をつける。


そう心に誓って乗り込む。

本番なしのフェラのみ。

いざ勝負!!


・・・

・・・

・・・

・・・






そして次の日。








あれ?


<<淋病日記Ⅱ2| |淋病日記Ⅱラスト>>

最初から見る

| | Comments (18) | TrackBack (0)

淋病日記Ⅱ2

新宿でも有名な焼き鳥屋に到着。

ここは何回か来たことがあるが、いつも人があふれてる。
値段はそれなりにするのだが、やはり桁違いにうまい。
たまには顔を出したい店だ。


酒もすすみ、先輩も俺もかなりいい感じで酔っぱらってくる

この先輩とは俺が新人の頃からお世話になっている先輩で、
俺が初めてキャバクラ行ったのも、初めて風俗行ったのも、
この先輩に連れて行ってもらった。

見た目は全然そんな人じゃないんだけどな。。。


そんな仲なので、酒が入ったらそんな話になるのが定めだ。

一度そんな経験(淋病)あるので少しとまどった俺だが、
まぁもう半年たったし大丈夫だろうという気持ちに酒の力が加わり、
歌舞伎町へと繰り出すことにした。


<<淋病日記Ⅱ1| |淋病日記Ⅱ3>>

最初から見る

| | Comments (402) | TrackBack (0)

淋病日記Ⅱ1

淋病日記には続きがあった・・・


あれから半年の月日が流れた。

風俗にはてっきり懲りた俺。
もう行かないと心に誓った。

しかし・・・

さすがに男24歳。
性欲なるものがそこにはある。

彼女と別れて、めっきりご無沙汰。
自慰行為にもさすがにマンネリ化してくるものである。


さて・・・

ふと昔一緒に働いていた会社の先輩から連絡があり、
久々に飲むこととなる。

場所は新宿


そうあのいわくつきの新宿である・・・


<<淋病日記ラスト| |淋病日記Ⅱ2>>

最初から見る

| | Comments (65) | TrackBack (0)

ニュースの天才 / Shattered Glass

勝手に映画強化月間その11

ネタバレあり

ニュースの天才
Shattered Glass

まぁまぁかな。

ネタはすごいおもしろかった。
超有名なジャーナリストが実は記事を捏造してた。
これがノンフィクションってんだからすげぇな。
おもしろいね。

でもなんか忠実に事実を再現したっていうわりには
主人公の動機とか背景がよくわからんかった。
あと同僚が激しく彼を保護しようとしたり。

あ、ヘイデンクリステンセンの演技はすげぇ。
動揺していく様とか、
パニックしていく感じとかすごいなって思った。

ま、俺はマスコミ信じないけどね。


■オフィシャルサイト■
http://www.news-tensai.jp/

| | Comments (96) | TrackBack (0)

アイデン & ティティ

勝手に映画強化月間その10

アイデン & ティティ
アイデン & ティティ


いやぁなんか思い出したよ。
俺もバンドやってたからな。
俺がパンクと出会ったこと時の感情が蘇ってきた。

本物なんだよな。
偽りがまったくない。
ロックって。

だからすげぇかっこよくて。
まじRAMONESは俺の人生変えてくれた。


社会人になって2年。
完全に俺は社会に染まってしまったのか。

大学のバンドのやつらと会って良く話するんだが、
みんな「死んだ」なって。

すごいうまい表現だと思う。

でも、みんなホント「死んだ」のか?
でも絶対この胸の真ん中にあるもんは変わらないと思う。





いろんな価値観の中で僕らは生きている。

自分以外の価値観を否定してばかりじゃ、なにも生まれない。


じゃあロックの価値ってなんだ?


自分らしくあること


みんなの心に中にもきっとロックは住んでいる。

そのロックはきっと言うだろう。
 

やらなきゃならないことをやるだけさ


だからうまくいくんだよ

| | Comments (117) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »