淋病日記Ⅱラスト

朝起きたときすぐにわかった。

あの時と同じだ。

そう、あそこの違和感があの時と同じである。
さすがに2回目だからか確信があった。

間違いない。

速攻でその日に病院行き、注射してもらった。
だからほとんどまったくと言っていいほど
痛みを感じることなく完治。

やっぱり早期発見早期治療に限るなと痛感。
すこしでも違和感あるなら病院へいくべし。



こうして見事 「2度淋病」 になった俺・・・
本番はやってないのでおそらくフェラであろう。


しかし、なんという確率・・・_| ̄|○


これは神からの試練としか思えん。

もうやめとけと。

神様ありがとう。
心を完全に入れ替えます。




今、町ではこの瞬間にも淋病やその他の性病に
冒されている人がいるのであろう。

それは人間が子孫を残すという運命を背負って生きている以上
しょうがないことなのか。

俺はその人間である以上また過ちを繰り返してしまうのだろうか。


それは神のみぞ知る。

淋病日記Ⅲがないことを祈って・・・


<<淋病日記Ⅱ3
最初から見る

| | Comments (40) | TrackBack (0)

淋病日記Ⅱ3

歌舞伎町に到着。

いつも通り案内所をぷらぷらしていると、
いつも通りあやしげなおっちゃんが。
いつも通り適当に話聞いて、
いつも通り適当に着いていく。

しかし歌舞伎町ってすげぇな・・・
世界が違う・・・


風俗なんてマジ久々なのでワクワクしてた俺だが、
いくら酔っぱらっていても淋病があたまをよぎる。


今度は絶対気をつける。


そう心に誓って乗り込む。

本番なしのフェラのみ。

いざ勝負!!


・・・

・・・

・・・

・・・






そして次の日。








あれ?


<<淋病日記Ⅱ2| |淋病日記Ⅱラスト>>

最初から見る

| | Comments (18) | TrackBack (0)

淋病日記Ⅱ2

新宿でも有名な焼き鳥屋に到着。

ここは何回か来たことがあるが、いつも人があふれてる。
値段はそれなりにするのだが、やはり桁違いにうまい。
たまには顔を出したい店だ。


酒もすすみ、先輩も俺もかなりいい感じで酔っぱらってくる

この先輩とは俺が新人の頃からお世話になっている先輩で、
俺が初めてキャバクラ行ったのも、初めて風俗行ったのも、
この先輩に連れて行ってもらった。

見た目は全然そんな人じゃないんだけどな。。。


そんな仲なので、酒が入ったらそんな話になるのが定めだ。

一度そんな経験(淋病)あるので少しとまどった俺だが、
まぁもう半年たったし大丈夫だろうという気持ちに酒の力が加わり、
歌舞伎町へと繰り出すことにした。


<<淋病日記Ⅱ1| |淋病日記Ⅱ3>>

最初から見る

| | Comments (402) | TrackBack (0)

淋病日記Ⅱ1

淋病日記には続きがあった・・・


あれから半年の月日が流れた。

風俗にはてっきり懲りた俺。
もう行かないと心に誓った。

しかし・・・

さすがに男24歳。
性欲なるものがそこにはある。

彼女と別れて、めっきりご無沙汰。
自慰行為にもさすがにマンネリ化してくるものである。


さて・・・

ふと昔一緒に働いていた会社の先輩から連絡があり、
久々に飲むこととなる。

場所は新宿


そうあのいわくつきの新宿である・・・


<<淋病日記ラスト| |淋病日記Ⅱ2>>

最初から見る

| | Comments (65) | TrackBack (0)

淋病日記ラスト

あっという間に淋病が治ってしまったわけですが、
今回の淋病日記をまとめたいと思います。


まず自覚症状についてなんだが、
潜伏期間は2~10日だと。

日記に書いたとおり、自分の場合は1日目からチン○が少し痛くて、
おかしいなぁって思ってたんだけど、4日目の夜に確定した感じ。

俺淋病かな?って思っている人もいると思うんだけど、
黄色いウミがでたり、キンタ○が痛み出したりと
症状が普通じゃないのでまずわかると思います。

だがしかしいろいろな性病があるので、
なかなかどの病気かっていうのはわからないと思うんだけど
少しでもおかしいなって思った人は
すぐ病院に行くべきであると思います。
確かに行くの面倒くさい気持ちはわかるが、絶対に行くべきです。

淋病は特に大丈夫ですが、
中には治療が遅れるとヤバイ病気もあったりとか・・・
性器のことですから。
早期発見,治療に越したことはないです。

ちなみに病院なんだが、俺の調べたところ
泌尿器科性病科のどちらかっぽい。
俺は前者ね。まぁ自分の家の近くにあるほう行きましょう。


さて次に治療方法について、
これは基本的に抗生物質による薬物療法なんですが、
ネットで調べて注射が最強ってを見つけたんですよ。
まぁ実際に俺の行った病院はいきなり注射打ちましょうって言ってくれたんでマジ良かった。
マジ一週間もしないで治ったし。

薬でももちろん治るんだが、
俺が調べた限り意外と治りにくいとかもありました。
結局注射打って治ったとかね。

だから病院でもし薬治療って言われたら
勇気を出して注射してくださいって言いましょう。
自分のためです。

ちなみに注射したその日の料金は3640円でしたよ。
これが安いのか高いのかわからんが、
俺的には安いと思った。


さて最後に風俗について。
俺はまんまと風俗でうつされました。

まぁ何が悪いって生でヤッタってことですね・・・
ちゃんとゴムつけてればまずうつってなかったでしょう。

しかし淋病は性器以外にも眼と喉にもうつるらしいのです。
つまり女の子の喉に淋菌があったらフェラでもうつるってことです。
キスしても喉にうつる可能性があるってことでもあるのかな?
ヤバイってことです。

いやでもね。
淋病ならネタにもなるし、薬で治療できるし、いいですよ。

でもねエイズとかうつされたらシャレになんないですよ!

淋病になってふと気づいたんですが、
淋病うつされたってことはもしその子がエイズだったら
エイズうつされた可能性あるのか!?って思ったんですよ。
俺夜寝れませんでした。
これをエイズノイローゼというらしいです。

まぁ生でヤッテもうつる可能性は0.1%~1%ってことだし、
しかも本当に俺それ一回きりだし、
とか自分を落ち着けてなんとかやってますが。

エイズは感染してから約3ヶ月ぐらいしないと
エイズ検査しても正しく判定されないということで
3ヵ月後に検査行くつもりです。

本当に風俗は危険だと感じました。
ちゃんとしたところ行けばまったく問題ないかも知れんが、
一回うつされたってことで、
やっぱそういう性病とかエイズとかに敏感になってしまって
しばらくはいかれないでしょう・・・

本当に反省しています。

ある意味このタイミングで性病になって良かったかなってのも思ってます。
いろいろ考えさせてくれましたから。

だからみなさんも本当に気をつけましょう。

軽い気持ちで行って、もしエイズになったら・・・
あなたはどうしますか?


<<淋病日記7
最初から見る

なぜ!?淋病日記には続きがあった・・・


| | Comments (131) | TrackBack (1)

淋病日記7

9日目

いよいよ病気も治ってきたことであり、
病院へと向かった。

淋病はもう治りかけてるとはいえ、
肝心のクラミジアの結果が今日でる。

もしクラミジアであった場合は、
またあの綿棒をつっこむのだろうか・・・


さっそく病院に着くと
「まず検尿をしてください」と言われた。
淋病の治り具合をみるのであろう。

検尿を済ませ少し待っていると名前呼ばれたので、
少し緊張して先生のところへ行った。


「両方大丈夫ですね。」

「え・・・」


聞いてみると
クラミジア検査も陰性であり、
淋病も完治しているとのこと。

クラミジアはまだしも、淋病ももう完治ですか!

いやぁ、あと一週間ぐらいはかかるのかと
思ってたから、まじびっくりしたわぁ。
良かったぁ(゚∀゚)


さて、そんなこんなで約一週間という短い期間で
この淋病日記も終了となってしまいました。

なんかあとから振り返ってみると
あっという間だったな・・・
まぁこんなもんなのかな。

最後にまとめ的なものを書きたいと思います。


ちん○痛い度:☆☆☆
小便時痛い度:☆☆☆


<<淋病日記6| |淋病日記ラスト>>
最初から見る


| | Comments (101) | TrackBack (0)

淋病日記6

7日目

もうほとんど痛みはなくなった。

まぁちと小便が臭いのと、
あと今までの激痛の思い出により
小便する時ちょっと緊張する・・・

まぁ早く完治してくれるのを待つのみ。

ちん○痛い度:☆☆☆
小便時痛い度:★☆☆


8日目

もうはっきりいってまったく余裕です。

あとは病院行くのみ。

ちん○痛い度:☆☆☆
小便時痛い度:☆☆☆


<<淋病日記5| |淋病日記7>>
最初から見る


| | Comments (69) | TrackBack (0)

淋病日記5

6日目

昨日注射をうったせいか、
ちん○はほとんど痛くなく、
小便もまだちと痛いが全然できる。

あとは完治するのを待つだけか。

ただちと気になるのは、相変わらず小便が臭い
なんか化学物質まぜたみたいな、薬ような感じ・・・

あと、注射打ったところが痛い。
なんか筋肉痛みたいな感じ。
まぁ、大丈夫だろ。

あと、ちん○臭い


ちん○痛い度:★☆☆
小便時痛い度:★★☆


<<淋病日記4| |淋病日記6>>
最初から見る


| | Comments (75) | TrackBack (0)

淋病日記4

5日目、病院の続き。

さて、これではっきりと俺は淋病であるということになったわけだが。

はたしてどんな治療法なのかと思い、
先生に尋ねると
お尻に注射しますよ」と。

俺ネットで調べて知ってたんだけど、
薬でも治るんだが、注射のほうがすぐに治るらしい。
だからラッキーと思って、素直に尻だして注射されました。

でも俺は尻に注射なのは初めてだし、
どこらへんにうつのかとちと不安だったんだが、
腰に近い右のほうでした。尻に力入れたらへこむあたり。
注射としてはたぶん痛いんだろうが、
さっきの綿棒に比べたら屁でもなくて、
これは楽勝でした。

そんなこんなで病院は終わったんだが、最後に
「さっきの綿棒調べてクラミジアかどうか調べます」って言われた。
なんか淋病の人10%ぐらいはダブル感染らしい。
それは一週間ぐらいで結果がわかるらしいんだが、
ここまできたらダブル感染もネタになっておもしろいなぁなんて思った。

しかしまてよ・・・
綿棒を調べてクラミジア判定するってことは
もし俺がクラミジアだった場合、治療して治るころ、
クラミジア治ってるか判断するためまたあの綿棒をつっこむのか!?

心からクラミジアでないことを願います。


んで最後に気になる料金だが3640円でした。
まぁこんなもんか。

淋病としてはあの注射で治療終了らしい。
薬もなし。
しかし、もしクラミジアだった時のための薬をもらった。
ジスロマックってやつ。
なんか食後じゃなくてもいいし、
たった4錠飲めば一週間効果が持続するらしい。
ちなみにこれは650円でした。


ちん○痛い度:★★★
小便時痛い度:★★★


<<淋病日記3| |淋病日記5>>
最初から見る


| | Comments (226) | TrackBack (0)

淋病日記3

5日目

朝起きて小便した時の痛みが壮絶だった。
思わず声をあげてしまった。
ちん○の先が小便がでる瞬間めちゃんこ熱くなる感じ。
なんとか全部出し切ったよ。

まじもう今日は小便したくない・・・


さっそく午前会社休んで病院へ行くと、結構人がいた。
泌尿器科なんて初めて来たが、やっぱ病院だから年寄りが多い。
ネットで調べて性病科ってものあるらしいが、
比較的近所にあったのでここにした。
みんなどんな病気なんだろう。

先生に呼ばれて、症状とかいろいろ話して、
じゃあ見せてくださいって。
俺はちん○さらけ出すの大丈夫なんで、
全然恥ずかしくなくさらけ出した。
先生は俺のちん○見て、「あぁ間違いないな」みたいなこと言って、
続けて「綿棒ちょっと突っ込みますね」と言った。

俺は思わず「えっ」って言ったんだが、
わけのわからぬまま流れるように綿棒を尿道に突っ込まれた・・・

いやね、尿道に綿棒ですよ。
先っぽだけだったかも知れんが、その痛さといったら・・・
悲鳴をあげて、先生の手を思いっきり握ったよ。
人生で5本の指に入る痛さでした。

今思い出しただけでも鳥肌たちます。
時間にしたら1秒ぐらいなんだろうけど・・・


んで尿検査するんでコップ渡されて、
3分の1ぐらいまで入れてくださいって言われた。

でも綿棒のおかげでちん○がはちゃめちゃ痛いわ、
小便するとさらに痛いわで、15分はかかりました・・・
あと、そん時気づいたんだが、小便が異常な臭いをはなっている・・・。
これも性病のためだろうか。

尿検査ですぐ結果がわかるらしくて、
結果はやっぱり「淋病」ということだった・・・

5日目続く・・・


<<淋病日記2| |淋病日記4>>
最初から見る


| | Comments (316) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

book | diary | etc | movie | program | rocknroll | STD | word | 俺思う。